« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

Seagate問題-収束?

( *・ω・)ノ
今週、Seagate問題に進展がありました。
でも忙しくて全く対応する時間がありません・・・

以下は本件に関して分かりやすくまとめて
くださった方々のサイトです。

シーゲート問題手順書
http://www3.atword.jp/gnome/seagate-issue-guide/
Seagate関連総まとめ
http://skaz.jp/%E7%89%B9%E8%A8%AD%E8%A8%98%E4%BA%8B/seagate

Seagate製HDD 解析まとめ
http://www19.atwiki.jp/seagatehack/

以下は、HDDのチェックに役立つ情報
CrystalDiskInfo
http://crystalmark.info/

S.M.A.R.T.(スマート情報)で障害状況を分析する
http://hddbancho.co.jp/hdd_smart.html
一般的なS.M.A.R.T.の属性値
http://www.drivedata.jp/tips/specification2.html
ε=ε=(o ・ω・)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Seagate問題-その後

( *・ω・)ノ
Seagate製ハードディスクの突然死問題。

その後、サーバのバックアップ用ハードディスクも
該当品であることが判明 ε-(ーдー)

しかも1台は使っている人によると、
時々マシンが固まったり、カッコーン、カッコーンと
音がするらしい・・・

Seagateのサイトを見ても進展がないので、
お昼に、いつもパソコンのパーツを購入しているお店に
交換用のハードディスクを見に行ってきました。

すると店頭には普通にSeagateのハードディスクが
普通に陳列されていました ヾ(・ε・。)

いつも担当してくださっている店員さんがいなかったので
詳しそうな人に聞いてみると、

「青箱(CFD)の物は大丈夫ですよ」とのこと。

根拠はCFDのこのコメント→【リンク
195046
(店頭のハードディスク売り場に貼られていた販売再開のお知らせ:25日撮影)

つまり、
「メーカが大丈夫だといっているので大丈夫です」
「販売店が大丈夫だといっているので大丈夫です」
みたいな感じ。全然保証となる根拠はありません。


某掲示板などを見てみても、CFDでも不具合の出ている人が
いるような報告もありますし、ユーザとしては

やっぱりダメだった・・・

では困ってしまうんですよね。特に仕事のデータは。


追記:
GIGAZINEでもこの件の追加記事がでていました。

その中で「maxtorman」という人の書き込みが
取り上げられているのですが、

これらのHDDは不良ログを記録するエリアを320個持っていて、
不良セクタ・書き込み失敗などのエラーを順に記録していく。
最後にログが記録されたエリアがちょうど320番地の時に電源を
落とすと、次の起動時に起動不能となる。
ちなみに320を超えると1番地に巻き戻るので問題ない。



ロシアンルーレットじゃあるまいし・・・

ε=ε=(o ・ω・)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SeagateのHDDが危ない!

( *・ω・)ノ
日曜の夜にアップされた不吉なエントリ

Gigazine:
Seagate製ハードディスクのファームウェアに
致命的な不具合、起動不能・アクセス不能になることが判明



どうやら、2008年12月以前のSeagate製のハードディスクの
ファームウエアにバグがあって、ある日「突然」にHDDが
BIOS上でも認識されなくなってしまうらしいのです。

しかもたちの悪いことに、
Seagate オフィシャルサイトによれば、その症状が出て
しまうとデータを取り出すことはできなくなる。

現段階でファームウエアはWEB上にはなく、
メールか電話で連絡くれれば対応しますよ的な扱い。


泣けてくる・・・ヽ(TдT)ノ…


該当するファームウエアとドライブ名
Barracuda 7200.11

ST31000340AS/ST31000640AS/ST3750330AS/ST3750630AS
ST3640330AS/ST3640630AS/ST3500320AS/ST3500620AS
ST3500820AS/ST31500341AS/ST31000333AS/ST3640323AS
ST3640623AS/ST3320613AS/ST3320813AS/ST3160813AS

Barracuda ES.2 SATA
ST31000340NS/ST3750330NS/ST3500320NS/ST3250310NS

DiamondMax 22
STM31000340AS/STM31000640AS/STM3750330AS/STM3750630AS
STM3500320AS/STM3500620AS/STM3500820AS/STM31000334AS
STM3320614AS/STM3160813AS


業務が開始される月曜日・・・
余波はアメーバさんなどにも及んでいるようです。


ところで・・・

うちの会社は大丈夫なの?

Drive Detect をダウンロードしてチェックしてみることに。

結果
St3320613as
||||||||||||||(* ̄ロ ̄)ガーン||||||||||||||||

なんと4台のマシンのドライブ名が該当。それぞれ
購入時期が違うので微妙にドライブ名やリビジョンが違う。

(うちの会社の個人用マシンのハードディスクはすべて
Seagate製でした。そんな中サーバだけは違うメーカの
ものだったのが不幸中の幸いでしたε=Σ( ̄ ))



次に、シリアルナンバーが該当するか
Check Serial Number でチェック。

しかし肝心なサポートサイトが

This application is temporarily unavailable.

と出て確認できません。
(19日23時現在)

しまいには、Seagate Knowledge Base までもが

503 Service Temporarily Unavailable
 (19日23時現在)


一部ファームウエアがあがっているとの情報もあるのですが
書き換えに失敗したり不具合がありそうとの情報もあり
まだ手を出せません・・・

とりあえず、必要なデータを他社メーカのハードディスクに
バックアップを取り様子見です。

ファームウエアがリリースされる前に症状がでないことを
祈るばかりです。

ε=ε=(o ・ω・)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows7 on Mac (VMware Fusion) 訂正情報

( *・ω・)ノ

VMware Fusion サイト内のTeamFusion のブログに
Windows7 に関するエントリがアップされていました。

Windows 7 on a Mac with VMware Fusion: Some Quick Tips

このエントリによると、VMware Fusion はWindows7の
サポートはしていないものの、動作可能なようです。

インストール時における3つのポイントが記載されています。

- Use the Windows Server 2008 option to create your VM
- Disable 3D Acceleration (Sorry, no Aero support at this time)
- Disabled Shared Folders


これを元に、
先日書いたエントリ「Windows 7 インストール on Mac」の
訂正と追加です。

訂正1:

先日書いたインストール手順では、
Windows7 は Vista の後継なのでOSの選択で「Vista」を指定。
としていますが、「Windows Server 2008」を選択したほうが
良いようです。

追加1:

3Dアクセラレーションを無効にするのに加えて、
共有フォルダも無効にするほうが良いようです。
6

訂正2:

トラックバック頂いたBULANCO雑記帳さんのエントリより
インストール完了後に表示されるデスクトップの壁紙は
金魚ではなく、ベタという熱帯魚だそうです w( ̄▽ ̄;)w


VMware Fusion がWindows 7 に対応するのは、公式にリリース
後のようですので、新機能Aero Shakeなどを体験したい場合は
別の環境にインストールする必要がありそうです。

ε=ε=(o ・ω・)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows Media のデコードで停止する

( *・ω・)ノ

※このエントリは問題の解決策は示していません。
  まだ未解決の問題を記載しています。<(_ _)>


VMware Fusion の3D アクセラレーションを有効にすると
Windows7 のエクスペリエンス インデックス実行時に
「Windows Media のデコードを調整しています」のまま
評価が停止してしまう問題・・・

3Dを有効にしたまま実行するには、
Windows7 デスクトップ上で右クリックし画面の解像度を選択
1
右下の「Advanced settings」をクリック

ディスプレイドライバのVMware SVGA IIのプロパティが
開かれます。設定の変更をクリック。
2

ハードウエアアクセラレータを
「DirectDraw および Direct3D のアクセラレータ・・・を
無効にする」というところまで下げる
3

すると、エクスペリエンスインデックスが実行できます。
4

でもこれって、
結局VMware Fusion の設定で3D有効・無効をWindows上で
しているだけの話で何の解決策にもなってません。(>o<")

Windows7 のDirectXは11
5

VMware Fusion の3D設定はあくまでもDirectX 9.0cを有効に
して機能させるもの。VMware SVGA ドライバが更新されないと
解決しないということでしょうか?

ε=ε=(o ・ω・)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows7 エクスペリエンス インデックス on Mac

( *・ω・)ノ
昨日のエントリの続きです。

MacbookにWindows7をインストールした直後の
エクスペリエンスインデックスの結果です。

Macbook MB061 J/B OS X 10.5.6システムのVMware2.0.1上に
32bit版Windows7をインストールした状態です。

システム構成は、2.0GHz Intel Core 2 Duo(FSB 800MHz)
1CPU割当、メモリ DDR2 4GB中、1GB割当です。
1
VMware Toolsをインストール後、
3Dアクセラレーション無効のままでの結果になります。

MacbookでのWindows7 エクスペリエンスインデックス
2_2

グラフィックスが1.0の一番低いスコア。
3Dアクセラレーション無効が原因だと思い、有効にしてから
再起動し、再度評価を再実行。

しかし・・・

3_2
「Windows Media のデコードを調整しています」のメッセージ
以降何度やっても進展せず ; ̄ロ ̄)!!


原因は今のところわかりません・・・
Windows 7 は3D有効で問題なくサクサク動作しています。

ε=ε=(o ・ω・)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows 7 インストール on Mac (VMware Fusion)

( *・ω・)ノ
ダウンロードしたWindows 7 Beta を早速インストール
してみました  v(。・ω・。)♪
34
インストールできる空きのマシンがなかったので、
今回はMacbook のVMware Fusion にゲストOS
としてインストールすることにしました。

手順は以下の通りです。
(かなり長いエントリーになるので興味のある方だけどうぞ)

続きを読む "Windows 7 インストール on Mac (VMware Fusion)"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Windows 7 β

Ms_win7vertthumbnail2_2( *・ω・)ノ
いまさらなエントリーですが・・・

Windows 7 Beta1が1月24日まで誰でも
ダウンロードして試すことができるように
なっています。

まず「Welcome to Windows 7」へアクセスします。
※Firefoxでアクセスしたところ、ログイン後の部分で
先に進めなくなりました。IEでアクセスする必要があるかもしれません。


メニュー2段目の「Download the Windows 7 Beta」をクリック。
32-bit・64-bitバージョンの希望する言語を選んで「GO」
ここで、Windows Live ID が必要になります。

ログイン後、名前やメールアドレスなどを記入すると
プロダクトキーが発行されるので、印刷もしくはメモしておきます。

ちなみに、
プロダクトキーは1つで3台までインストールすることができるようです。


ISOイメージファイルダウンロード
Windows 7 日本語版(32bit)【ダウンロード
Windows 7 日本語版(64bit)【ダウンロード

インストールに成功したらまたアップしたいと思います。

ε=ε=(o ・ω・)o

追記(17:30)
こちらからもダウンロードできるようです。
Windows 7 ベータ版ダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デジタルフォトフレーム TS1GPF710C レビュー

( *・ω・)ノ
たまったポイントで前々から欲しかった
デジタルフォトフレームを購入。

訳あって追加購入。プレゼント用にも購入。

今回購入したのはトランセンドのTS1GPF710C

並べてみた !Σ(・ω・;|||
0812250001

家電メーカーのものはまだまだ値が張りますが
パソコンメーカー?のものだと価格が半分以下で
手に入ります。

使ってみて・・・

画質はそれほど良くありません。
携帯やモニタの液晶レベルをイメージされる方は
もっと解像度の高いものや家電メーカーのものが
綺麗でいいです。

でも、画質が悪い訳ではありません。
絹目調の写真のような少し粗い感じです。
(なのでテキスト表記は読めますがむいてません)

そもそも、
普段じっくり見ているものでもなく、

ふと目を向けた時・・・

いつも違う写真が見れる。

撮りためた写真を振り返れる。

その瞬間、
思い出や撮った時の事を思い浮かべられる・・・


そんな素敵なアイテムです。
お孫さんの写真を入れて、両親にプレゼントしたら
きっと喜ばれるかも!

ε=ε=(o ・ω・)o


追記:
スライドショーなどの全画面表示のアスペクト比が
16:9に対して、カレンダー表示の時は4:3に近い。
このためどちらかに最適化してしまうと、いまいち
思ったように表示されないのがちょっと難点 ( ̄へ ̄|||)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「生活必需品」

( *・ω・)ノ
愛用の品。

ウイダーinゼリー

並び過ぎ。
0812110010

胃にも負担が少ないし、即エネルギーチャージ。

今朝は朝8時までに駅に行くことになっていたのですが
少し寝坊。ウイダー片手に慌てて家を出るも、昨日の
寒さで車も窓も全体的に凍結状態Σ(T□T)

結局少し遅刻しました Σ(・"・;)

ε=ε=(o ・ω・)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パソコン組立-その3 再生編

( *・ω・)ノ
新しいパソコンを組立てたので、
古いパソコンが用済みになりました。

といっても、壊れた訳じゃないし
ネットしたり、オフィスを使う分には
まだまだ使えるので、あげることにしました。

今回用済みになったパソコンは2002年に組立てたもの。
CPUはAthlonXP 2000+ です。

まずは掃除から・・・
ケースのフロントパネルを取り外すと
埃が出てくる出てくる。(↓こんな感じ(>o<"))
0901080003
CPUファンなどファン類も一度取り外して
埃を取っていきます。

丸6年経っているので、CMOS電池を交換。
電源もへたっているといけないので交換しました。
0901070001
今回交換した電源はAQTIS社の小錻力。
従来のものより22mm奥行きがコンパクトになって
いる格安な電源。年数も経ったパソコンなので
これ位の投資でいいかな・・・と。

掃除の後、OSをクリーンインストール。
と思ったら、ドライブの調子がいまいちなので
DVDドライブに交換(最近IDEのドライブ少なっ(>o<"))
インストールやアップデートも無事完了。

見た目も綺麗になって再生されました!
0901070002

AthlonXP 2000+ ベンチマーク

★ ★ ★  HDBENCH Ver 3.40 beta 6 (C)EP82改/かず ★ ★ ★
M/B Name      
Processor   AMD Athlon 1664.15MHz[AuthenticAMD family 6 model 8 step 1]
Cache       L1_D:[64K]  L1_I:[64K]  L2:[256K]
Name String AMD Athlon(tm) XP 2000+ 
VideoCard   NVIDIA GeForce FX 5200 
Resolution  1024x768 (32Bit color) 
Memory      1048,048 KByte 
OS           5.1 (Build: 2600) Service Pack 3 

   ALL  Integer   Float  MemoryR MemoryW MemoryRW  DirectDraw
37436    71127   86521    32091   45925    61318          59

Rectangle   Text Ellipse  BitBlt    Read   Write   RRead  RWrite  Drive
    27156  17373   10180      44   48530   56449   19677   27638  C:\100MB



Tさん!明日宅急便で送ります!
ε=ε=(o ・ω・)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パソコン組立-その2 Athlon64 X2編

( *・ω・)ノ
今週はパソコンネタで更新します。
同じく、昨年組立てたマシン「Athlon64 X2 6000+」
0810100001
前回Phenomマシンを組立てたものの
使っているCADがそもそもマルチコア対応ではない・・・
対応する予定すらないらしい・・・ヾ(- -;)

そうすると1コアのクロックが高い方が速いんじゃない?
ってことで、店員さんのお勧めもあり、今回はデュアルコア
マシンを同じスペックで3台組立てました。
(先に1台組立てたので写真は2台分)
Dscf1259
マザーは前回同様、GIGABYTEのGA-MA78GM-S2Hと
在庫がなかった為GA-MA78GPM-DS2Hを使用。

ケースも同じです。
Dscf1260

考察:デュアルコア か クアッドコアか!?

続きを読む "パソコン組立-その2 Athlon64 X2編"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パソコン組立-その1Phenom編

( *・ω・)ノ
写真を整理していたら出てきたので・・・
昨年新しいCADを導入するにあたって組立てた
「Phenom X4 9750」
0806130016
コアが4つです。
当然ですが、タスクマネージャーで見るとCPU使用率の
枠もちゃんと4つあります。
Task

マザーはGIGABYTEのGA-MA78GM-S2H
0806130021

うちの会社は、あまり立派な建物ではないため
夏は外よりも暑く、冬は外よりも寒くなります。

なので、パソコンにとってもとても過酷な環境。
温度管理が大切になってきます。

そこで今回購入したケースはAntec社のThree Hundred
0806170023

音も静かですし、パソコンの温度も一定していて
お勧めのケースです(^○^)

Phenom X4 9750 ベンチマーク
★ ★ ★  HDBENCH Ver 3.40 beta 6 (C)EP82改/かず ★ ★ ★
M/B Name      
Processor    2405.11MHz[AuthenticAMD family F model 2 step 3]
Processor    2405.12MHz[AuthenticAMD family F model 2 step 3]
Processor    2405.12MHz[AuthenticAMD family F model 2 step 3]
Processor    2405.11MHz[AuthenticAMD family F model 2 step 3] 
VideoCard   NVIDIA GeForce 8600 GT 
Resolution  1680x1050 (32Bit color) 
Memory      2095,532 KByte 
OS           5.1 (Build: 2600) Service Pack 3 

   ALL  Integer   Float  MemoryR MemoryW MemoryRW  DirectDraw
164556   366575  648136   443494  274021   498379          29

Rectangle   Text Ellipse  BitBlt    Read   Write   RRead  RWrite  Drive
  233400  48327    5620     339   92169  107337   45816   43389  C:\100MB


ε=ε=(o ・ω・)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事始めε=ε=(o ・ω・)o

( *・ω・)ノ
ほとんどの会社は昨日が仕事始めだったようですが、
うちの会社は今日から仕事です。残業です
。。。。(( T_T)

休み明け、とは言うものの・・・
年調やサーバのメンテなど、それなりに仕事をしたりと
普段と変わらない年末年始となりました。

自宅の机は相変わらずゴチャゴチャ(>o<")
0901010001

年末年始で処理してしまいたかった雑用も
そのまま年越し。

あちゃー(/∇≦\)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »