« パソコン組立-その1Phenom編 | トップページ | パソコン組立-その3 再生編 »

パソコン組立-その2 Athlon64 X2編

( *・ω・)ノ
今週はパソコンネタで更新します。
同じく、昨年組立てたマシン「Athlon64 X2 6000+」
0810100001
前回Phenomマシンを組立てたものの
使っているCADがそもそもマルチコア対応ではない・・・
対応する予定すらないらしい・・・ヾ(- -;)

そうすると1コアのクロックが高い方が速いんじゃない?
ってことで、店員さんのお勧めもあり、今回はデュアルコア
マシンを同じスペックで3台組立てました。
(先に1台組立てたので写真は2台分)
Dscf1259
マザーは前回同様、GIGABYTEのGA-MA78GM-S2Hと
在庫がなかった為GA-MA78GPM-DS2Hを使用。

ケースも同じです。
Dscf1260

考察:デュアルコア か クアッドコアか!?

まずはベンチマークから

Athlon64 X2 6000+ ベンチマーク

★ ★ ★  HDBENCH Ver 3.40 beta 6 (C)EP82改/かず ★ ★ ★
M/B Name      
Processor    3106.61MHz[AuthenticAMD family F model B step 2]
Processor    3106.63MHz[AuthenticAMD family F model B step 2] 
VideoCard   NVIDIA GeForce 9600 GT 
Resolution  1280x1024 (32Bit color) 
Memory      2095,532 KByte 
OS           5.1 (Build: 2600) Service Pack 3 

   ALL  Integer   Float  MemoryR MemoryW MemoryRW  DirectDraw
113071   289417  339387   297266  195327   337714          59

Rectangle   Text Ellipse  BitBlt    Read   Write   RRead  RWrite  Drive
    96800  45800    6834     885  103959   74418   37647   37222  C:\100MB


HDBENCHの結果だけを見ると、
Phenomの方が高い数値になっているようです。総合でも上。

で、早くなったのか・・・
それぞれ使う人が違うので「謎」のままですヽ(´o`;

ただ、当社が利用しているCADは、3D表示させるときに
一度図面をエンコードし、別のソフトウエアに受け渡して
3D表示させています。このエンコードの速さだけを見ると
Phenomの方が若干速いようにも見えます。

通常の業務ではさほど差を見ることはできません。

どちらかといえば、データサイズが大きくなっているので、
ハードディスクやネットワーク環境など、総合的なものが
影響する部分も大きいのかなと素人考えで思っています。

Dscf1263

ってことは、クアッドコアなPhenomのパソコンを組立てた方が
よかったんじゃないの??!Σ(▼□▼メ)

ε=ε=(o ・ω・)o

|

« パソコン組立-その1Phenom編 | トップページ | パソコン組立-その3 再生編 »

WINDOWS」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508546/43676992

この記事へのトラックバック一覧です: パソコン組立-その2 Athlon64 X2編:

« パソコン組立-その1Phenom編 | トップページ | パソコン組立-その3 再生編 »